UNISONPLANET

コラムCOLUMN

コラム一覧

column list

2016.2.18 爆発的に普及率上昇中、スマーフォンサイトの重要性
スマートフォン

爆発的なスマートフォンの普及




この近くにラーメン屋はないか・・・○○に行きたいけどどこだっけ・・・
Facebook、Twitter、InstagramなどSNSの利用。
このような日常のいかなるシーンでも、スマートフォンを使用することが当たり前になりました。

保有世帯の割合が64.2%となった「スマートフォン」。(総務省 平成26年通信利用動向調査)

同調査によると、
情報通信機器の保有状況(個人)は
自宅パソコン   25年:56.6% → 26年:52.7%
スマートフォン  25年:39.1% → 26年:44.7%

端末別インターネットの利用状況(個人)は
自宅パソコン   25年:58.4% → 26年:53.5%
スマートフォン  25年:42.4% → 26年:47.1%

このデータを見ると、パソコンよりもスマートフォンを使用する人が増加傾向にあるといえます。
ユーザーは年々増加しており、スマートフォン市場は加速し続けています。







スマートフォンサイトの現状と重要性


かつては外出先でモバイル端末から情報収集を行い、自宅のパソコンから問い合わせや買い物をするという流れが主流と考えられていました。
しかし最近では、家にいてもPCは使わず、スマートフォンで情報収集から予約・お買い物まで完了するシーンが増えてきています。

ユーザーのこのような動向から、
「スマートフォン」で自社のサイトが見やすく作られているか、作られていないかが、大きく企業の集客・売上に影響する時代になってきています。








企業のスマートフォン対応

企業のホームページ開設率は87.1%。(総務省 平成26年通信利用動向調査)

そのうち、企業のスマートフォン対応状況は平成26年:39.4%
(「2015年企業のインターネット広告・モバイル広告利用動向調査」日経BP社「日経デジタルマーケティング」・D2C)
25年には27.3% だったことから、企業のスマートフォ
ンサイトへの対応が急速に進んでいることがうかがえます。
しかしながら、半数にも満たっていないのが現状です。




スマートフォン対応(レスポンシブ)サイト≠スマートフォン専用サイト

スマートフォンサイトには、
①スマートフォン対応(レスポンシブレイアウト)サイト と
②スマートフォン専用サイト
の2種類に分かれています。

大きな違いは、
①スマートフォン対応(レスポンシブレイアウト)サイト → PCサイトが基盤となり、スマートフォン用ページに最適化されたサイト。
②スマートフォン専用サイト → スマートフォンに最適化された、PCとは別の専用スマートフォンサイト。
という違いです。

企業においては、PCサイトはあるがスマートフォン対応・スマートフォン専用サイトの無いところが多く、
①の需要が非常に多くあります。







モバイルフレンドリーの重要性

2015年4月21日に、Googleはスマートフォンでの表示に最適化されたWebページを検索結果で優遇するアルゴリズム変更(いわゆるパンダアップデート)を実施しました。
これにより、スマートフォン検索結果において、スマートフォン対応であることは必須条件となりました。つまり、PCページのみを持っていても、スマートフォンユーザーには届かなくなる可能性があるということです。




「モバイルフレンドリー」とは
WEBサイト・WEBページをスマートフォンなどのモバイル端末での表示に最適化=スマートフォン対応することを意味します。モバイルフレンドリーなWEBサイト・WEBページは、拡大しなくても読みやすいテキストサイズ、横スクロールの必要がない、リンクやボタンがタップしやすいなどといった点が挙げられます。Googleでは、モバイルフレンドリーなWEBサイトの条件を満たしたページには「スマートフォン対応」のラベルが適用されます。

検索結果への影響も重要ですが、ユーザーがホームページへアクセスした際に、快適にWEBサイトを閲覧できるようにすることが何よりも重要です。なぜなら、それが必ず集客へつながるからです。
SEOとユーザビリティを強く意識したサイト運営が、今後はさらに重要となりそうです。例を挙げると、電話番号をタップするとそのまま発信することができる、など







まとめ(スマートフォン対応の必要性)

スマートフォンの浸透普及ぶりは著しく、その使用は当たり前ともいえるようになりました。さらにはタブレットが続伸し、ファブレットを含めてクロスデバイスでの利用がますます浸透していきます。「スマートフォン対応」から、他のデバイスを含めた「モバイル対応」に置き換わることも予想されています。

ここ数年で、子どもから高齢者まで使用するようになった「スマートフォン」。Webサイトのスマートフォン対応は、必要不可欠です。
2016.2.18 知らないと大変な事に。。。スマホのSEO対策してますか?
スマートフォンSEO

スマホSEO対策、あなたのサイトは大丈夫?




グーグルの検索エンジンが2015年4月21日より、モバイルフレンドリー(=スマホに対応している)サイトかどうかで、検索結果に影響が出るようになりました。そのような背景と、増え続けるスマートフォンユーザーのためにもスマホSEO対策が非常に重要なものとなってきています。
今一度スマホSEO対策について一から振り返ってみましょう。







スマフォサイト検索アルゴリズム

さて、前述しましたグーグルの検索エンジンですが、どのように変更になったか、要点でまとめていきます。

①スマートフォンに対応しているサイトが検索順位で優遇される

モバイルフレンドリーサイトと、そうでないサイトでは、相対的に前者のサイトの検索順位は上がりやすくなります。注意点として、相対的に優位になるというだけで、スマホ対応していないサイトが検索結果から除外されるというわけではありません。モバイル対応が出来ていなくても、関連性がありスマホで表示することができるのであれば、検索結果には表示されます。

②このアルゴリズムはモバイル(スマホ)での検索にのみ影響する
スマホ対応のサイトが検索結果で優位になるのは、モバイル検索でのみ反映されます。つまり、極論にはなりますが、「スマホでの検索結果は必要ない!」というのであれば、スマホ対応は必要ではないでしょう。しかし、増加し続けるスマホユーザー、スマホでの検索数を考慮するとそうもいっていられないのが、現状であると思われます。

③レスポンシブデザインは検索結果とは関係性がない

スマホ最適化の方法として、PC・スマホページそれぞれHTML・CSSを準備しマルチデバイスに対応する方法と、HTMLソース1つでブラウザサイズによりCSSを切り替えマルチデバイスに対応するレスポンシデザインという方法がありますが、どちらをつかっても検索順位に優劣はありません。

つまりは、スマホ対応のサイトはスマホの検索結果が優位に働くので、スマホに対応するWEBページを制作しようというのが、スマホのSEO対策というわけです。







モバイルフレンドリーとは?



それでは、先ほどから述べている「モバイルフレンドリー」=「スマホ対応」しているサイトはどのようなサイトなんでしょうか?調べ方は簡単です。
スマホでの検索結果に「スマホ対応」のラベルが表示されていたら、そのサイトはスマホに対応していると認識されており、そうでないサイトより相対的に検索結果が優位に表示されています。







スマホSEO対策

では、スマホ対応していない場合どのようにすればスマホ対応サイトとして、検索エンジンに認められるようになるのでしょうか?


要はサイトをスマホ対応にすればいいのですが、チェック・修正ははグーグルの公開しているモバイルフレンドリーテストで実行するといいでしょう。

ちなみにGoogleはモバイルフレンドリーの条件が以下であると公式ブログで述べています。
●flashなどスマホに対応していないコンテンツを使用していない
●ズームしなくても判読できるテキストを使用していること
●コンテンツのサイズが画面のサイズと一致していること
●それぞれのリンクが十分に離れた状態で配置されていること

また、スマホ対応の条件ではありませんが
●PCでは標準でインストールされているが、スマホでは対応していないテキストフォントは控える
●スマホではPCよりもデータ通信料が限られてしまうため、画像のサイズ調整・削減などでデータ容量を減らす
 などのスマホ対策も、スマートフォンユーザーのユーザビリティ向上のため必要となるでしょう。







まとめ

ここまで、スマホSEO対策について述べてきましたが、そもそもグーグルがスマホ対応で検索順位に優劣をつけようとしたことも、増加するスマートフォンユーザー・スマホでの検索を考慮し、「スマートフォンユーザーにも使いやすい検索エンジン」を目指したからであると考えられます。
WEBサイトをスマホ対応にすることはたしかに重要ですが、スマホ対応のサイトが増加すれば、その優位性も減っていきます。重要なのは「スマートフォンユーザーにも使いやすいWEBサイト」を構築する事なのだと思います。
そのためにも、スマホ対応サイトを逸早く制作し、スマートフォンユーザーの目線に立った対策・構成を考えていく必要があるでしょう。