UNISONPLANET

コラムCOLUMN

自由診療を集めるには2016 / 8 / 16

運用

以前、体中に謎のじんましんが発生し病院にいったときの話をします。

 

実は私、ここ東の都、東京にきて約一年ほどです。

右も左も土地勘のない私が頼れるのはそう、、、Google先生のみです。

 

皆さんも長年働く上で環境の変化はところどころ存在すると思われます。そんな環境の変化に一瞬にしてボコボコにされた私ですが、とりあえずこの状況を打破しなくてはならないと職場の近くの病院を検索したわけです。

 

どうも、生きることに全力のwebディレクター秋田です。


皆さん、今回も歯科医院のホームページの活用方法第2弾ということで私の実体験を踏まえた上でつらつらと語らせて頂ければ幸いです。

 

今回は

 

さぁ、前回にご説明しましたが、現在歯科医院は全国に6万8千件以上存在し、もはや石をなげれば歯医者にあたると言っても間違いではないです。

 

自費の集患を強化しましょう、と提案すると多くの先生は

「保険患者から自費を進めると、何か高いものを売りつけている印象を持たれそうでなかなか進められない」

とか、

「あそこの医院は普通に診てもらうだけで高いものを売りつけてくる、などの口コミが広がりそう」

など多くのネガティブなイメージを持たれます。

もうお手上げ!って感じですよね


しかし、自費への集患もホームページをうまく活用することで患者様の認知度を向上することが可能です。

 

ここで、冒頭お話させて頂いた私の実体験をお話させて頂きます。実は、じんましんに苦しめられた私ですが、病院を二つはしごしたのです。

 

一件目の病院なのですが、正直焦っていた私は何も知らずにかけこんだ病院。。。しかし、そこでは満足のいく治療や説明がうけられなかったのです。

 

そこで、不安にかられた私はより詳しくGoogle先生に教えをこうことにしました。

冷静さを取り戻した私は、今回は、よりホームページに記載されている情報を吟味して、いざ2件目へ。

 

ここからが、本題なのですが2件目の病院で私は衝撃をうけました。

 

 

そこの病院は実に自費に対するアプローチが上手だったのです。

まず待合室でのアプローチ、やはり予約制とはいえ、清潔な院内にさりげなくところどころに自費に対する詳しい説明があります。

例えばニキビ治療。

意外に自由診療が多いのです。

 

実はアラサーに突入しつつある私も昨今大人ニキビに悩まされている状況です。

 

待合室で多くの治療法を知った私は、待っている間もひまですし、ホームページにアクセスして詳しい治療法を知ることができました。

 

そして診療中に先生にこう尋ねました。

 

「にきびとかで結構病院に来る人がいるんですか?」

 

 

この患者からの問い合わせをしやすくする環境作り

ここが重要です。

 

 

この感覚って歯医者でも一緒ですよね?

歯科医院には様々な自由診療があります。

・「ホワイトニング」

・「審美」

・「インプラント」

・「矯正」

・「入れ歯」

・「被せ物」

 

すべてに共通しているのは、根底にあるコンプレックスや普段抱えている悩みの改善、どこか欠損部分の補綴治療、または外見にたいする自己投資。

 

要するに、こんな治療方法があるということをまずは認識してもらう必要があるのです。

そして、広告の終着点をホームページに集めましょう。

そして、ここでより明確に情報を開示しましょう。

ここで重要なことは打ち出したい内容や料金関係の情報を詳しく開示することです。

自由診療は保険外なので必ず高額になってしまうもの、他院と比べられてしまうから、料金体系は開示したくない。

とおっしゃる先生方のお声もよく聞きます。

 

しかし、そもそも自由診療こそ自分のコンプレックスや悩みにたいする診療です。あまり公に他人に相談しずらいことです。

明確に自院の料金体系を開示しましょう。そして、なぜその金額がかかるのか、ここを明確に発信しましょう。設備が他院と違うのであればそれもよし、明確にカウンセリングを行って納得のいく治療をするのであれば、その医院の考え方をしっかり伝えましょう。

 

こちらの歯科医院さまは打ち出したい内容と料金関係の内容が詳しく開示されています

NDKデンタル真法院さま

http://www.toushukai-shinpouin.com/whitening



自院が何を打ち出したいのかが明確にわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、患者様の頭の中で切っては切れないポイントはお金のことですよね。


ローンやクレジットカードが使えることをしっかり明記しております。

 

 

 

 

 

 

 

最終的に「ここの医院はこの治療に対して親密に治療してくれそうだな」っと思った患者様が初めて問い合わせの第一歩を踏み出します。

 

最低限の患者様の踏み込みやすい環境をWEBと現場の環境、そして他の広告媒体で構築すること、そして広告の最終行き着く場所をホームページにもってくることが自由診療を

進める第一歩です。

 

 

まとめ

皆さんいかがでしょうか。

たかがホームページ、されどホームページです。

見ない人もいますが、見る人もいます。

 

高額の治療項目、しっかり情報を開示している医院に自分の大切な歯を預けたいと思いませんか?

 

本日はここまでとさせて頂きます。

次回も私の実体験を踏まえてた上で皆さまに楽しみながら、ホームページのノウハウをお伝えできればと思います。